Cookies on Hiab.com

This website makes use of cookies to enhance browsing experience and provide additional functionality.

ローダークレーン
ローダークレーン
HIAB
林業クレーン
林業クレーン
LOGLIFT
リサイクリングクレーン
リサイクリングクレーン
JONSERED
取り外し可能なボディシステム
取り外し可能なボディシステム
MULTILIFT

未来のためのリサイクル

信頼できるリサイクルパートナー

毎日重い物を持ち上げるという厳しい要求に応えるためには、頑丈で、信頼性が高く、効率的で、耐久性のあるリサイクルクレーンを選択してください。頑丈に設計されつくり込まれた当社の機器が、貴社のビジネスとリサイクル産業を日々動かし続けることを保証します。業界をリードする安全技術は、困難な状況のなかでも、オペレーターがより速く、より安全に作業できるようにサポートします。持続可能性はJONSERED のDNAにあり、全体的なCO2削減を可能にする駆動技術と油圧システムソリューションを使って、より高い基準を設定できるようにリサイクル業界を支援します。 すべての当社クレーンは、ビジネスの稼働時間の最大化を目的としたグローバルサービスネットワークによってバックアップされています。

業界のニーズに焦点を当てる

JONESEREDは、リサイクルについて、そして現在および未来をより持続可能にするため、業界が果たすべき役割について知っています。段ボールからガラス、重金属から木材にいたるまで、あらゆる条件下の荷役が、安全かつ迅速に行われなければならないことを理解しています。

JONSEREDアプリケーションの探索

ビジネスを最適化する

テクノロジー、安定性、および頑丈な設計を組み合わせて、リサイクルの荷役作業をスムーズかつ正確に行い、日々の作業を最適化します。最先端のテクノロジーが、稼働時間を最大化し、メンテナンス計画をサポートし、全体的な投資コストを削減します。

詳細をご覧ください

JONSEREDはリサイクル産業全体をカバーしています

リサイクルは、スクラップヤード(廃材置き場)から街路まで大変厳しい事業ですが、JONSEREDリサイクルクレーンは、あらゆる環境下においてもスムーズで、安全、かつ効率的に作業を遂行します。完全な品揃えで、業界をリードするオペレーターの快適性と生産性促進ツールを確保しつつ、あらゆるリフティングの課題に取り組んでいます。JONSEREDとともに、最も困難なビジネス課題に正面から取り組みましょう。

完全なレンジを探究する

Sブーム

Sブームシステムは、非常に高速な荷役サイクルを維持しながら、日々繰り返えされる荷役の負担に耐えることができます。また、お客様の個々のビジネス態様を念頭に、さまざまなアウトリーチ(到達)用にカスタマイズすることができます。積載物/プラットフォーム上、またはトラックキャビン上の、2つの固定オプションで柔軟性を高めましょう。

Zブーム

Zブームシステムは、短いブームのみが必要な場合において、優れた能力と耐久性を発揮します。頑丈な設計は高強度の作業に最適であり、クレーンのサイズに応じて、パワーリンクまたはプッシュアップシリンダーが吊り上げ能力を増強し最適化します。Zブームは折りたたむか、トラック本体の長さ方向に沿って固定できます。

最高の最重量リサイクルクレーン

リサイクルの未来は、用途が広くスマートなリサイクルクレーンのポートフォリオ(製品一覧)に存在します。それぞれのクレーンは、リサイクル会社がビジネスを十分に遂行しながら、ユーザーと機器を安全に保つことができるように設計されています。急速に変化する業界の課題に対応するため、アップグレード可能な設計とソフトウェアによって、将来のビジネスの競争力と収益性を確保します。

ビジネスを稼働し続ける

Hiabテールリフトは単なる機械ではなく、お客様の重要なビジネスパートナーです。最新のテクノロジーを駆使した将来への投資ですので、Hiabの卓越したグローバルサービスネットワークにお任せください。常に安全を最優先に業務を管理し、作業負荷と稼働時間を最適化いたします。

詳細をご覧ください

木材から生まれた歴史

JONSEREDは、林業の工業化が活況を呈し始めたとき、スウェーデンの森林に出現しました。林業労働者は、最初のJONSERED ZBクレーンを使って木材を持ち上げ輸送しました。これは、今日のクレーン作業にも継続していることです。リサイクル産業が現代社会の中核産業として出現したことは、JONSEREDが独自のニッチ市場を切り開き、今日のサステイナブル産業のリーダーとして成長する絶好の機会でした。